<< 酒折ワイン楽部発足 | main | VF甲府柏に逆転負け、1分け2敗 >>

災害現場からの報告

0
     地域の事を考えようと動き出した「さかおり俱楽部」は、3.11の東日本大震災に対して
    「今、何ができるのか」と考えている人達の参考になればと、講演会を開催した。
    講師は、災害ボランテイア未来会代表の山下博史さん
    山下さんは、経験も豊富であり、多くの災害地に出向いているプロの方である。





    東日本大震災の現地報告は、実に生々しいものであった。
    写真や動画もあり、想像を超えた大災害である。
    学生、地域の方々、教職員らが参加して熱心に聴いていた。




    ボランテイアは、相手が望んでいることをしてあげることである。
    おしきせでは駄目である。
    現場や被災者の要望は、時間と共に変わっていく。
    スピード感を持っての支援が必要である。
    「支援、支縁、支円」とその意味を解説していた。
    地域のコミュニテーの大切さ、緊急支援と生活支援など、時間と共に
    支援の仕方が変わっていくことも理解してほしいという。




    熱心にメモをとる学生、質問する参加者
    およそ1時間30分の報告会は、山下さんの熱っぽい話で終了した。
    さかおり俱楽部は、自分たちがいつ被災者になるかもしれない。
    地域のコミュニテーがしっかりしている場所は、自立できる。
    自分たちの事は、自分たちでやりますという地域を目指している。



    現地からの報告は、これまで以上の情報を聞くことができた良い機会となった。

    calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM