<< 桃のシーズンです。桃狩りに人気 | main | 甲府商店街の七夕まつり >>

Wカップサッカー日本の評価

0
    ワールドカップサッカー大会でベスト16入りした日本チームの活躍は
    予想以上であり、多くの国民が感動と勇気をもらったことだろう。
    テレビの視聴率は60%近い数字を記録した。
    サムライ日本の異名をもち、より日本人化したチームだった。

    日本人の良さは?
    人を生かす犠牲的なプレーは上手である。
    組織としての力、チームのためにという気持ちは人一倍強い個人の資質がある。
    粘り強い。耐える力がある。
    個人より集団を優先する。
    まとまりがあり、気持、情に厚い。

    今回の試合の随所に日本人らしい局面が見えたと思う。
    ベンチもピッチに立つ選手も一緒に戦っているという意識と行動。
    全員で守り、カバーをする選手たち。
    狭いスペースでの素早いパス回しなど、日本的なプレーである。
    同様にサポーターも、大画面を見ながら声援を送っている。
    パブリックビューイングも各地で行われいた。

    アウエーのカメルーン戦の勝利がすべてであった。
    日本のサッカーが世界と戦えた自信である。
    岡田監督の左隣で静かに観戦している元VF甲府監督の大木さんも
    VF甲府サッカーを見ているようだったと思う。
    細かいパス、スピードと素早い判断力
    確実にVF甲府のサッカーが影響しているのだろう。

    日本人の選手のコメントも楽しかった。
    記者会見で、試合終了後に話す監督、選手のインタビューは
    冷静に語っていた。
    しかし内容は、もっと上を、さらに上位と戦う力をつけたいと
    前向きだ。
    考えながら語る2得点の本田、
    日本サッカー界を考えながらのインタビューを受ける
    キャプテン長谷部、
    このチームは最高だ。できることならもう1試合させたかったという
    岡田監督。
    日本人に帰化して本当によかったという闘莉王
    大久保、遠藤、キーパーの川島、長友、中澤、駒野らも
    しっかりとしたコメントをしている。

    素晴らしい選手の条件のひとつにコミュニケーション能力のうまさもある。
    プレー以上に「言葉のファインプレー」を展開している。
    このチームは、心に残るチームだった。
    異口同音に言葉にした選手たちの「日本チーム」は、より日本人化した
    チームと進化していた。
    自己の表現力が個性的であることよりも、集団の表現力が優先していた。
    選手たちは、「ありがとう」の感謝の言葉を浴びながら
    今日1日、大勢が迎えた空港に帰ってきた。



    コメント
    コメントする









    calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM