第45回山梨学院樹徳祭開催!

0
    山梨学院大学の学園祭、樹徳祭は25日、26日の2日間開催されている。
    今年のテーマは、「アクセル」でという。

    CIMG6744.JPGCIMG6745.JPG

    秋晴れで天気は絶好であり、10時過ぎから多くの人がキャンパスにやってきた。
    岩手の名物、わんこそばのステージが展開された。
    本場の岩手からの職人であり、手際がいい。
    キャンパス内では、ほとんどのゼミが飲食のブースを出している。

    CIMG6753.JPGCIMG6758.JPG

    文化系も各部屋で展示などもしている。
    土曜、日曜の2日間ともキャンパスは若者の熱気でにぎやかである。

    CIMG6755.JPG

    年の瀬クリーン清掃に500人が参加

    0
       朝の冷え込みは厳しかった。甲府は9度だというこの冬一番の冷え込みである。
      JR酒折駅前には、企業の方、学生や親子連れなど、およそ500人が集まった。
      年末恒例の地域の活動である。
      さかおり祭り・年の瀬クリーン作戦である。




      学生も、サッカー部、ホッケー部、ラグビー部、陸上競技部も積極的に参加してくれた。
      キャプテンたちが今年、応援してくれたことを感謝し、今後の決意を語ってくれた。

      さかおり俱楽部が主催である。
      およそ4キロを東に南にと3コースに分かれてゴミ拾いである。
      行きかう人々に元気よく挨拶をする。実にすがすがしい。




      地域のことは、地域で積極的にきれいにしようと始まった活動も、今年は多くの参加があり
      賑やかのうちにも大きな成果があった。
      国民文化祭のPRコーナーや出演者の発表も楽しかった。
      オカリナ演奏や子供たちの歌声も元気であった。
      お馴染みのまっちゃんのフォークソングも好評だ。
      午後からは温かい日差しがうれしかった。




      食のブースも東北からの物産をはじめ、富士川町の農産物、富士の宮焼きそば、クレープ屋
      たこ焼き、餅つき大会やゴルフのパター遊びもあった。
      最後に企業をはじめ多くの協力を頂いた品物を「ビンゴゲーム」で楽しんだ。




      (この日の出展ブースは、野菜あり、焼きそばあり、クレープありと多彩だった)12月17日(土)








      午前9時30分から午後2時まで、清掃活動とイベントを組み合わせた「さかおり祭り」は
      多くの皆さんの協力で無事終了した。

      第9回アルテア七夕祭り・七夕伝説

      0


         山梨学院大学のキャンパスは、学生、地域の方々、教職員の協力で
        今年も七夕祭りが盛大に行われました。
        今年は、東日本大震災の影響もあり、祈りの七夕まつりとなりました。




        小学生のダンスや演奏、クラシックコンサートやフォークソング、アコーデイオン演奏など
        楽しいステージとなった。
        アルテアとベが、七夕伝説に因んで、竹の飾りつけもしてある。





        老若男女、多くの人がキャンパスに足を運んでくれた。
        来年は10回の記念大会、キャンパスウエデイングも計画している。




        ステージでのパフォーマンスも、熱気に満ちていた。
        時折小雨も降ってきたが、あまり影響はない。
        浴衣姿の女性も目立った。
        金魚すくい、ヨーヨーすくいも懐かしい。
        7月7日の七夕祭り 今年も多くの出会いがありました。




        いつも工作物を制作してくださる福嶋さんもご機嫌です。
        こまらないコマを制作、竹で作った短冊も福嶋さん作。
        「俺も何か願いを書くか」と言って、何やら短冊を吊るしていました。
        いつも楽しい作品をありがとうございます。

        さかおりクリーン作戦・地域企業と学生が参加

        0
           小雨の中、さかおり周辺を清掃、ゴミ拾いを実施した。
          地域の企業やサッカーラグビーなどの学生も参加、総勢200名を超えていた。
          3つのコースに分かれ、ゴミ拾いを行った。





          小雨のために1時間半で切り上げ、もちつきをして楽しんだ。
          募金箱も設け、5000円近い金額になった。





          人数が多いとゴミ拾いも楽である。
          さかおり周辺は、酒折地区の人々できれいにしようと始まったクリーン作戦である。
          ゴミ拾いの後は、もちつきを体験し、皆んでいただいた。

          (さかおりクリーン作戦・2011年5月28日)






          災害現場からの報告

          0
             地域の事を考えようと動き出した「さかおり俱楽部」は、3.11の東日本大震災に対して
            「今、何ができるのか」と考えている人達の参考になればと、講演会を開催した。
            講師は、災害ボランテイア未来会代表の山下博史さん
            山下さんは、経験も豊富であり、多くの災害地に出向いているプロの方である。





            東日本大震災の現地報告は、実に生々しいものであった。
            写真や動画もあり、想像を超えた大災害である。
            学生、地域の方々、教職員らが参加して熱心に聴いていた。




            ボランテイアは、相手が望んでいることをしてあげることである。
            おしきせでは駄目である。
            現場や被災者の要望は、時間と共に変わっていく。
            スピード感を持っての支援が必要である。
            「支援、支縁、支円」とその意味を解説していた。
            地域のコミュニテーの大切さ、緊急支援と生活支援など、時間と共に
            支援の仕方が変わっていくことも理解してほしいという。




            熱心にメモをとる学生、質問する参加者
            およそ1時間30分の報告会は、山下さんの熱っぽい話で終了した。
            さかおり俱楽部は、自分たちがいつ被災者になるかもしれない。
            地域のコミュニテーがしっかりしている場所は、自立できる。
            自分たちの事は、自分たちでやりますという地域を目指している。



            現地からの報告は、これまで以上の情報を聞くことができた良い機会となった。

            粘り強いキャンパス生活を!と、餅つきイベント

            0
               新入生を迎えてキャンパスも活気が出てきた。
              今週は、新入学生歓迎の1週間である。ウエルカムウイークということで
              各部のPRや勧誘が行われている。





              キャンパス広場では、名物富士宮焼きそばも登場していた。
              酒折俱楽部では、粘り強い学生、就職活動に粘り強く望んでもらいたいと願い
              「餅つきイベント」を実施した。
              餅つきも手返しとの呼吸である。タイミングが合わないとうまくつけない。
              経験がものを言う。
              ベテランの教職員はうまい。




              短大生も手伝い、美味しい餅が出来上がった。
              自分でついた餅は、格別の味のようだ。
              昼休みのひと時、学生たちは楽しそうにステージの演奏や演武を見ている。
              餅つきの隣では、ストリートミュージシャンの「まっちゃん」が懐かしい歌を
              歌っている。
              案山子やあの素晴らしい愛をもう一度、ビートルズナンバーも。
              このウエルカムウイークは、学生センターが主催して今週いっぱい続く。










               

              さかおり俱楽部も大地震の支援を

              0
                 地域の活性化や地域づくりの活動をしている「さかおり俱楽部」は、義援金の協力を始めた。
                JR酒折駅でのイベントも支援活動に切り替えていく。
                甲府国際オープンテニスのや音楽コンサートの中止も決めた。
                春の大型イベント、信玄公まつり、川中島合戦も中止であり、産業経済は大きな打撃を
                受けている。

                コミュニテー放送を主体として地域再生を果たそうという「さかおり俱楽部」は、
                今、何ができるのかを考え、行動していきたいと思う。
                山梨県が甲府市小瀬武道館に開設した「東日本大震災一時避難所」を取材した。
                避難した人たちの情報や声を福島や仙台に届けたい。
                福島県楢葉町の児玉さん一家は、高校生と小学生の子供2人の4人家族であった。
                会社は今後どうなるのか。子供たちの学生生活など不安がいっぱいだ。
                せめてもの救いは、子供たちが明るく気丈に振る舞っていることだった。

                復興への道のりはまだ遠い。
                支援の方法は、限りなくあるだろう。
                自分たちに出来ること、共に考え行動することが大切であろう。



                (地元山梨日日新聞で紹介されたCF局)

                JR酒折駅前スタジオと学生たち

                0

                  入学試験シーズンを迎え学生たちが行きかう姿も早足である。
                  JR酒折駅前も甲府国際テニスの旗が何本も飾ってある。
                  高校生が駅へと急ぎ足である。





                  大学入試も高校入試もシーズンを迎え皆んな必死である。
                  梅の花の名所、不老園も開園した。
                  桜が咲くころには、また合格した新入生を迎えることだろう。





                  大学生や高校生が制作しているラジオ番組も、3月には卒業する学生もいる。
                  就職活動をしながらの番組制作も大変だろうと思う。
                  好きな放送を、自分たちが思う存分制作できる体験も貴重である。
                  各大学生同士が一緒に活動できるのも大切なことである。
                  学園文化都市酒折地区は、いま真剣な学生たちが「主役」である。

                  快晴山梨の2月

                  0
                     暦の上では、もう春である。
                    大神さん、十日市、湯村厄除け地蔵尊祭りと春を告げる祭りが続く。
                    甲府市内の街並み、日本一の富士山も実に凛としている。
                    さすがに日本一である。




                    JR酒折駅の学生交流会館に甲府国際テニスの懸垂幕がある。
                    女子学生がキャラクターとなって、3月19日開幕する大会をPRしている。
                    横根カエデさんがキャラクター名である。
                    世界各国から選手が集まり、今年で9年目を迎えている国際大会である。
                    甲府市東部の横根地区は、3月中旬から4月3日まで大会で賑やかである。



                    ウインブルドン大会など世界の大きな大会は、こうした底辺から勝ち進んでいくのである。
                    明日のスターを育てる大会である。
                    大きな夢を持った選手たちが山梨の地で熱戦を繰り広げる。
                    日本一の富士も頑張れとエールを送っているに違いない。


                    箱根駅伝はシード権失う・高校サッカーはベスト8進出

                    0
                       東京〜箱根芦ノ湖までの沿道は、正月の箱根駅ファンで身動きもできないでいる。
                      2日・3日は箱根駅に加えて高校サッカーも善戦している。
                      山梨学院の旗が箱根路に、サッカー場に飾られている。



                      応援に行けない地元の人々のために、酒折俱楽部では、JR酒折駅前の
                      「ギャラリー3219」でテレビとラジオで応援する企画を実施した。

                      50インチのテレビ、エフエム甲府のラジオ中継を聞きながらの応援である。
                      初めての試みであるが、感動を共有し、一体感や絆を感ずるイベントである。
                      酒折駅を利用する人も立ち寄る。
                      甘酒やお茶のサービスもある。
                      持久力を保つといわれているM3Dのスポーツウオーターを飲みながらの応援である。
                      山梨学院の選手も体験しているウオーターだ。





                      箱根駅伝は、スピード化されている。
                      総合優勝の早稲田、2位の東洋大は新記録のタイムである。
                      山梨学院は12位、シード権は失った。
                      箱根駅伝は、スピードと持久力の新たな時代に入ったと思う。
                      これからのチーム強化は、さらなる進化を求められている。
                      山梨学院は、今年は、これから2大会の予選を経験しなければならない。
                      「強くなるための試練」と上田監督は言うが、どんな策で乗り切るのか、その手腕は問われる。

                      高校サッカーの準々決勝は、事実上の決勝戦のようだ。
                      ハイレベルの素晴らしく見ごたえのある試合だった。
                      千葉の流通経大柏対山梨学院
                      加部、白崎の動きは落ち着いていた。
                      エースの加部が先取点 1−0とリードしたが、すぐにクリヤーが相手にあったって同点と
                      された。
                      1−1のまま、好ゲームを展開したが2−1で山梨学院は敗れ
                      国立の扉を開くことはできなっかった。 しかし王者の風格さえ感じるゲームを見せてくれた。
                      負けて堂々、山梨学院のサッカーを存分に見せつけた試合だった。

                      しかし、この正月はスポーツで楽しんだ。
                      真剣勝負であり、予想外のドラマが起こる。まさに筋書きのないドラマである。
                      視聴率も高い。その魅力は、さわやかでチームのために、一生懸命走り、プレイする姿だ。
                      何が選手をそうさせるのだろうか。





                      チームのため、故郷のため、支えてくれたすべての人に感謝したいと言う。
                      365日休むことなく努力してきた結果は、勝った者、敗れた者という2者に分かれてしまう。
                      観衆がいつもすがすがしく思うのは、戦い終えた直後の「ノーサイド」の精神である。
                      スタンドや沿道の拍手が鳴りやまないのは、両者の健闘を称えるからである。

                      calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << April 2017 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM